業務案内

業務案内

相続が発生したら

相続税の申告期限は、相続があったことを知った日の翌日から10カ月以内です。
もし申告期限を過ぎてしまうと、相続税以外に延滞税や加算税が発生します。

さらに、相続税の計算上、優遇されている「配偶者の税額軽減の特例」や「小規模宅地の評価減の特例」が適用できなくなる恐れもあります。
このような事態を防止するため、相続発生後、速やかに安藤税理士法人へご相談いただき、遺産分割や相続申告の相談・手続きを進めさせていただきます。

相続税申告業務

相続税は税理士により税額が違うことをご存知でしょうか。
相続税は非常に複雑ですので、財産を評価する税理士の能力により大きく異なります。

税理士により納税額が大きく異なる最大の要因は、土地の評価です。
土地の評価は税理士によって異なる場合が多く、特に広大地の評価は、土地評価に関する様々な知識・経験が要求されるため差が出るといえます。
安藤税理士法人では、土地の評価に当たっては、可能な限り評価額を低くする方法を検討するとともに、税務調査にも対応できるよう最善の方法を検討いたします。

ぜひ、相続税の経験が豊富で土地評価に精通した当税理士法人にお任せください。

遺産分割協議書の作成サポート

相続人が複数の場合、遺産は全員の共同相続財産となります。
その遺産を誰にどのように分割するのかを話し合うのが遺産分割協議です。遺産分割協議には、相続人全員が参加しなければなりません。
全員の協議が成立した後、遺産分割協議書を作成します。

なお、全員の署名押印が有る遺産分割協議書がないと、不動産登記や金融機関口座の名義変更が出来ません。
安藤税理士法人では、二次相続まで含めた税額を考慮し、争族となりにくい円満な遺産分割協議書の作成を提案し、サポートいたします。

相続対策サポート

相続対策は「争族対策」、「納税資金対策」、「節税対策」が三つのポイントです。
その中で特に「争族対策」がもっとも重要で、遺産分割協議でもめないように、誰に何を相続させたいのか、その人に確実に財産が残るように対策することが重要ですし、争族を防止するためにも、遺言書の作成がとても効果的です。

安藤税理士法人では「争族対策」、「納税資金対策」、「節税対策」の三点を重視します。
先ずは現状の財産の計算をさせていただき、万が一の場合の納税額を試算し、納税資金を含めた現状の把握を行い、その方の思いを実現する相続対策を提案・サポートいたします。

相続税無料相談

相続の相談は安藤税理士法人におまかせ下さい。
相続税申告の経験豊富な税理士が、相続にまつわる心配やお困りごとを解決いたします。
安藤税理士法人では相続に関する無料相談を実施しております。
お勤めの方にも対応できるよう、土日祝日も開催しております。
どうぞお気軽にご相談下さい。(事前予約をお願いします。)

  • ・相続税の申告が必要な方。
  • ・相続税がどの程度発生するかを知りたい方。
  • ・自分自身の相続税が心配な方。
  • ・父母(祖父母)の相続税が心配な方。
  • ・相続税の申告が必要かどうか知りたい方。
  • ・遺産分割の話し合いが難航している方。
  • ・相続の対策が必要かどうか知りたい方。
  • ・遺言書を作成したい方。
  • ・税理士報酬がどれぐらいなのか心配な方。
  • ・相続について全く知識がなく不安な方。
  • ・将来の相続に備え、相続税対策を検討したい方。
  • ・贈与を検討している方。

大切な財産を守るため、安藤税理士法人の相続無料相談を是非ご利用ください。

↑画面トップ