セットバック

こんにちは安藤税理士法人の鬼頭です。相続税において土地を評価する際には、様々な減価要因があります。その1つであるセットバックが必要な土地の評価について紹介します。

セットバックが必要な土地とは、建築基準法第42条第2項に規定する道路に面しており、将来、建物の建替え時等に同法の規定に基づき道路敷きとして提供しなければならない部分を有する土地をいいます。

建築基準法第42条第2項に規定する道路とは、昭和25年の建築基準法施行時の際、すでに建築物が建ち並んでいた幅員4メートル未満の道路で、特定行政庁が指定したものをいいます。

消防車等の緊急車両の乗り入れ、車のすれちがい、延焼の防止、避難時の安全性などの観点から、一般的な道路は幅員4メートル以上は必要とされ、建物等の再建築時には道路の中心線から2メートル以内の土地は、道路として無償で提供しなければなりません。

そのためセットバックが必要な部分は、通常の評価額の30%の金額になります。具体的な評価額は以下のように計算します。

・1㎡が100,000円の土地で、100㎡のうち10㎡がセットバックが必要な場合。

[1]通常の部分 100,000円×90㎡=9,000,000円

[2]セットバックが必要な部分 100,000円×10㎡×30%=300,000円

[3]評価額 [1]+[2]=9,300,000円

カテゴリー: スタッフブログ 鬼頭 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.