株式の評価方法

こんにちは安藤税理士法人の鬼頭です。今回は相続税における株式の評価方法を紹介したいと思います。まず株式は大きく分けて、

1. 上場株式

2. 取引相場のない株式(非上場株式)

の二つに分類されます。

 

1.の上場株式については、原則として以下の価額のうち一番低い金額が評価額になります。ただしその株式に権利落などがある場合には、一定の修正をすることになっています。

①亡くなられた日の終値

※亡くなられた日に取引がなかった場合、その前後で一番近い日の終値。

(複数ある場合はその平均額)

②亡くなられた日を含むその月の全終値の平均額

③亡くなられた日を含むその月の前月の全終値の平均額

④亡くなられた日を含むその月の前々月の全終値の平均額

 

2.の取引相場のない株式については、大会社、中会社、小会社の区分に応じて、それぞれの評価方法を用いて計算します。

・大会社 類似業種比準価額、または純資産価額

・中会社 中会社をさらに大中小の区分に分けそれぞれの区分に応じ、類似業種比準価額と純資産価額を併用して計算した金額、または純資産価額

・小会社 純資産価額、または(類似業種比準価額×50%+純資産価額×50%)

 

類似業種比準価額とは、おおざっぱに言うと株価、配当金額、利益金額の三つの要素を用いて事業の類似した上場株式に比準して計算します。純資産価額とは、会社の資産負債を相続税評価額に引き直し、そこから含み益に対する法人税相当額を差し引いて計算します。

上場株式の評価は比較的簡単に計算できますが、取引相場のない株式(非上場株式)の評価はとても煩雑です。自社株の評価額がいくらになるだろうと思った方は一度専門家にご相談されるといいと思います。

カテゴリー: スタッフブログ 鬼頭 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.