相続税の課税対象者が約2倍に!!

昨年末、国税庁から平成27年中に亡くなられた方に係る相続税の申告状況の概要について発表がありました。平成25年度税制改正により、平成27年1月1日以後の相続等について基礎控除額の引下げが行われたことから、相続税の課税対象となった被相続人数及び課税割合は、前年分より大幅に増加しました。

相続税増税の影響で、従来までは課税対象ではなかった多くの人に相続税が掛けられていることが分かります。

課税対象となった件数については、平成27年に死亡した129万444人のうち、相続税の課税対象となったのは10万3043人で、前年の5万6239人から2倍近く増加しました。課税割合も4.4%から8.0%と大幅に増加しました。

また、被相続人一人当たりの税額は前年の2473万円から1758万円に下がったものの、課税総額は同1兆3908億円から1兆8116億円にまで増加しました。なお、金額ベースでみた相続財産の種類の構成割合は、土地38%、家屋5.3%、現金・預貯金等30.7%、有価証券14.9%、その他11%でした。

以上のとおり、相続税はもはや一部の富裕層だけの税金ではありません。都市部またはその郊外に不動産をお持ちの方は、対象になる可能性が十分にありますのでご注意ください。

カテゴリー: 代表ブログ, 相続税の改正 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.