生命保険金の課税関係

こんにちは安藤税理士法人の鬼頭です。今回は生命保険金を受け取った場合の課税関係についてまとめました。不慮の事故や病気などで被保険者が死亡し、保険金受取人が死亡保険金を受け取った場合には、被保険者、保険料の負担者及び保険金受取人がだれであるかにより、所得税、相続税、贈与税のいずれかの課税の対象になります。(受け取った金額が基礎控除額以下の場合など一定の場合には税金は発生しません。)

1. 所得税の課税対象になる場合

所得税の課税対象になるのは、保険料の負担者と保険金受取人とが同一人の場合です。ご主人が亡くなられた場合に、奥様が保険料を負担しており、奥様が保険金を受け取った場合には所得税の課税対象になります。この場合の死亡保険金は、受取の方法により、一時所得又は雑所得として課税されます。

① 死亡保険金を一時金で受領した場合

死亡保険金を一時金で受領した場合には、一時所得になります。

② 死亡保険金を年金で受領した場合

死亡保険金を年金で受領した場合には、公的年金等以外の雑所得になります。

2. 相続税の課税対象になる場合

相続税の課税対象になるのは、 被保険者と保険料の負担者が同一人の場合です。ご主人が亡くなられた場合に、ご主人が保険料を負担しており、奥様が保険金を受け取った場合には、相続税の課税対象になります。受取人が被保険者の相続人であるときは、相続により取得したものとみなされ、相続人以外の者が受取人であるときは遺贈により取得したものとみなされます。

3. 贈与税の課税対象になる場合

贈与税の課税対象になるのは、被保険者、保険料の負担者及び保険金の受取人がすべて異なる場合です。ご主人が亡くなられた場合に、奥様が保険料を負担しており、長男が保険金を受け取った場合には、奥様から長男へ贈与があったものとみなし、贈与税の課税対象となります。

 

カテゴリー: スタッフブログ 鬼頭, 相続手続き タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.